直感は100%の嘘

こんにちは!

パーソナルレッスンで

あなたのライフスタイルづくりのお手伝いをしています

竹中由梨です。

本日(8/6)のわたし

8時すぎ
子どもを、バスに乗せる。

 

一旦帰宅からの
家の片付けと仕事の準備

 

10時-12時前
パーソナルレッスン(出張)

 

お昼に一旦家に帰宅して子ども達のお昼を作る予定でした。

 

主人から電話。

 

「昼、子どもらと一緒に食べに行くけど
 いまどこー??」

 

「じゃあ私戻らないから子ども達よろしく!」と

 

ご飯に戻らなくてよくなったので
行きたかった皮膚科へ。

 

12時半までの皮膚科の受け付けをしたかったけど駐車場が空いてない、、

あ、そういやここの近所にあるワーキングスペースで借りた本を返しておこう、、

 

と、一時駐車◯◯円、の駐車場に止めようとしたら、何回入れても持ってる100円玉がはいらない。もしかして、、おやすみ???

 

皮膚科、駐車場空くかもしれないから本の返却はまた次にしよう、、と
パーキングをあとにし皮膚科へ。

 

 皮膚科の無料駐車場、目の前であく。w

 

順番受け付け。

 

長らく待つことが想像できたので、
車は駐車したまま
歩いて本の返却へ。

 

なんと本日おやすみw

 

ポストに借りてた本とメモ書きを投入。

 

途中でお昼のお弁当購入。
一旦病院に戻り
まだまだ順番こないのを確認。w

 

車でランチ。

 

食べ終わり院内へ。

 

溜まっているメール連絡などの処理
をしながらふと
主人が言っていた銀行の予定を思い出す
即出発。
一件予定終わり!

 

戻ってもまだ順番こず←イマココ

 

お前の半日なんて
興味ねーわ!
かもですが

 

私も別にスケジュールを
書き連ねたいわけではなくて
何が言いたいかというと、

 

今日のわたし超冴えてる!!

 

ってこと。

 

直感のままに行動したから
(なんのお告げなのか100円玉入らないし)
200円のパーキング代が無駄にならずに済んだ。

 
 

タイミングがよかったから
午前診察に間に合った。
(受付したの診察終了10分前)

 

銀行行ってなかったら、
一度で出来る要件じゃないことに気づけなくてまた二度手間を繰り返す所だった。
PC持ってきてたらもっと色々やりたいことできたけど、
今日は敢えて置いてきたのにも
きっと
このブログ記事を書けという
お告げだったってこと!!
で、なんで冴えてるのか。
私、昨日まで
人生初のキャンプへ行ってました!

 

見渡す限りの山並みと
手を伸ばしたら
触れられそうな距離の星空

 

1人なにもしないボーっとできる時間。

 

子ども3人を連れてるから
ご飯の段取りなかなか大変だったけど

 

サバイバルみたいだねー
って、楽しく準備もできて

 

本当に素敵な時間だったの。

 

細かいことはほとんど忘れてたけど
父が昔教えてくれた星の読み方を
ふと思い出し
子ども時代に両親から受けた愛情に
涙が溢れたり

 

運転しながら
鼻に届く緑の、普段とは違う深い、
深〜い山の香りに
無意識に入ってた肩の力がより
抜けたり。

 

もうね、

 

私が溜め込まないように
瞑想したり
1人の時間をつくったり
ショッピングしたり

 

そんなんじゃ全然足りなかったんだなって
思った。

 

なにがって?

 

排出が。

 

ブログも定期的な更新してるわけじゃなくて

 

意識した排出も、
無限に時間があるわけじゃなくて。

 

山に行ったことで色々遮断されて。
(色々お待ち頂いてありがとう❤️)

 

家に戻ったら
末っ子を見てくれてた家族にまた感謝だし
しばらく離れてたから
めっちゃ末っ子と遊んでくれる
上の子達に感謝だし

 

きっかけをくれたら
女子キャンプアカデミーカシミエさん
後押しくれたヒーラーのさとみん
に感謝だし

 

今日の一日にも感謝だし。

 

原爆が落ちた今日、
直感が冴えてることに
気づかせてくれた
こんな時間を与えてくれた
今日という日に感謝だし。

 

まだまだ午後のタスクは残ってるんだけど
今これだけの
ありがとう
に思いを巡らせることができて
もう気持ち的には大満足だし。笑

 

これまでの2時間のように
これからの2時間を過ごしたいと思います。

 

キャンプの詳細は、
またかけたらいいなーと思います。

 

直感は100%

 

 

これまでもそう信じてた。
由梨語録に、付け足そうと思う。

 

直感は100%

ただしその直感を活かすか否かは

自分次第

 

関連記事

  1. 笑顔の理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA